― 「街と鉄道」で扱えなかった北海道の名所 ―

- これまでに撮りためた道内の写真より -





札幌駅






 札幌駅。

 札幌駅は、なんとも近代的な建物です。知っている人にとっては、上の写真を見せられて「あぁ、札幌駅だね」とすぐに回答できるのでしょうが、私の周囲、北海道をあまり知らない、北海道にあまり興味が無い人にとっては、上の近代的な駅の写真を見て「ここがどこか?」を考えるにあたり、"札幌"という地名が頭にまったく浮かんでこない、候補にすら挙がらないのでは、と思います。私の周囲、さすがに札幌の地名を知らない人間は皆無です。何が言いたかったのかというと、北海道を知らない、興味の無い人間は、北海道を現実の姿とはまったく異なるイメージで捉えている、ことです。実際の姿は、何とも表現の難しい、凄まじいまでの近代都市であり、その近代都市・札幌を代表する建物が上の写真の札幌駅です。

 高さ173mの高層ホテルが異彩を放つ札幌駅。駅南口からの札幌駅の眺めは、正直、圧倒されるものがあります。そして私が思っている、札幌という街のイメージは「日本一のリトル・トウキョウ、札幌」。
 正直、少し皮肉の意味もあります。札幌の街を見ていて、人と話をしていて、札幌ほど、街の目が東京を向いている街は無いように思います。悪い面ばかりとは言いませんが、私にはどう見ても「東京と同じように」の流れが強く感じられる街、札幌。東京以上に巨人ファンの割合が高い街、札幌…
 まぁ、プロ野球に関しては、日本ハムの北海道移転により一部変わった面もあるようには思っていますが、私には「東京以上に東京している街」、それが札幌。"東京している"とは、メチャクチャな日本語ですが、私の受けている札幌に対する印象を端的に表現した言葉ですし、ある割合で、札幌に対して私と同じ印象を持たれている方はいらっしゃるはずです。

 上の札幌駅の写真を見て、十分に感じることが出来る"東京の世界"。しかし、上の写真では、東京を感じさせない部分もあるにはありますね。高さ173mの建造物の背後には、スカッとしないながらも雲に覆われた空。背後にも高層ビル、高層ビル、高層ビル、の東京とは違う世界を感じさせてくれる… 救われる気分です。

 これから先、札幌はどのように、どちら向きに進んでいくのだろう。もちろん私には、こうすべきだ、などと指図がましい言葉を吐くことは出来ない。しかし、良い意味で期待したい。これからも札幌は「東京以上に東京している街」として、発展し続けてほしい…



(2004年5月撮影)




"「街と鉄道」で扱えなかった北海道の名所"へ戻る